2010年06月07日

「小沢隠しが奏功」「一時的」=菅氏期待アップに自公幹部(時事通信)

 自民党の大島理森幹事長は7日午前、報道各社の世論調査で菅直人新首相への期待が6割程度と高いことに関し、「国民に『小沢隠し』、『小沢仕分け』と映っている。これがすべてだ」と述べ、閣僚・党役員人事で小沢一郎前幹事長に近い議員を主要ポストで処遇しなかったことが要因との見方を示した。
 その上で「菅氏はクリーンな政治(を実現する)と言っているのだから、今国会中の小沢氏の証人喚問などを実行するべきだ。それができないなら猫だまし内閣と言わざるを得ない」と指摘した。党本部で記者団に語った。
 公明党の山口那津男代表も、ほぼ固まった新内閣の陣容について「新味は感じられない」と批判。高い「菅氏への期待」に対しては「政権交代直後の高揚感はない。一時的なものだ。国民は政権担当能力があるかどうかを見ている」と述べた。国会内で記者団に語った。 

<強盗未遂容疑>交番に「拳銃よこせ」67歳逮捕(毎日新聞)
大野一雄さん死去 「舞踏」を確立(産経新聞)
「地元合意ない」「手順おかしい」=普天間で政府批判相次ぐ―民主(時事通信)
有料老人ホームなども検討へ−介護職員の医療行為(医療介護CBニュース)
直嶋経産相「菅氏へ投票決めた」(産経新聞)
posted by ミヤモト イツオ at 13:16| Comment(17) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。